パッキングが上手にできる収納術と簡単に出来る便利なグッズをご紹介!

パッキングが上手にできる収納術と簡単に出来る便利なグッズをご紹介!

 パッキング(旅行の荷物詰め)が苦手という方のために、もっと上手にパッキングするための収納術と、便利なグッズについてご紹介していきます。グッズは100均ですぐに揃えられるものを中心にご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

パッキングを上手にするコツは正しい収納術と適切なグッズの取り揃え

国内旅行にせよ海外旅行にせよ、荷物詰め(パッキイング)は大変ですよね。余計なものを詰めすぎてしまったり、必要なものが足りなかったりと、パッキングに苦労している方は多いのではないでしょうか。今回の記事では、パッキングを上手にするコツ、正しい収納術と便利グッズをご紹介していきます。ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

 

収納術1:洋服はクルクル巻きにする

パッキングで一番ボリュームがあり苦労するのが洋服の収納ではないでしょうか。ヘタにぎゅうぎゅうにつめるとシワができることもあり、なかなかうまくできない方も多いと思います。洋服を上手に簡単にしっかり詰めるコツは「クルクル巻き」にしてしまうことです。以下、服のクルクル巻きについて解説していきます。

 

とても簡単!服のクルクル巻きのやり方

服のクルクル巻きとは、その名の通り洋服をクルクルと巻いた状態にする収納術のことです。Tシャツの場合には、2つ折りか4つ折りに畳んだ状態から、端からクルクルと巻いていくだけです。ズボン・ボトムも同様、何回か畳んだ後にクルクルと巻いて仕上げていきます。タオルも同様です。

 

クルクル巻いた服はシワになりにくいし省スペース

クルクル巻き方式は、通常の畳み方よりも手間がかかります。しかし、巻くことでカバンの中でずれにくくなり、結果としてシワができるのも防げます。さらにしっかりと巻けば密度もあがりますので収納に必要なスペースも節約することができます。旅行カバンが服でパンパンになってしまう方や、シワが気になる方には、特におすすめで便利な方法です。

 

クルクル巻きの服で隙間をなくすコツ

クルクルと巻いた洋服はどんな部分に詰めてもズレづらくて省スペースです。このコンパクトなクルクル状態の服は、旅行カバンの隙間などに詰めれば緩衝材の役割も果たしてくれます。スーツケースの隙間に撒いた服を入れることで、スペースを無駄にすることなくコンパクトな収納をすることができるわけです。

 

収納術2:収納ケースで荷物スペースを上手に仕切る

スーツケースや旅行カバンに上手に物を詰めるコツは、スペースを細かく区切ることです。スペースを細切れに区切るために役に立つのが、旅行用の収納ケースです。100均などでも簡単に入手できる収納ケースを上手に使っていきましょう。

 

片面がメッシュになっているケースでスペースを区切ってパッキングするのがコツ

旅行用の収納ケースといっても様々な種類のものが売られていて、どれがいいのか分からない方もいらっしゃることでしょう。便利でおすすめなのが、片面がメッシュ状になっている収納ケースです。メッシュ状になっていて中身が見えるので、どこに何を詰めたかすぐ分かるのです。

 

小さくスペースを区切ることで荷物を探しやすくなり便利

片面がメッシュ状になっている収納ケースで、カバンやスーツケースを細かく仕切ると、中身がゴチャゴチャになりません。小さくスペースを区切ってしまうことで、どこに何を入れたのが分かりやすくなるのです。上手な収納のコツは、スペースを区切ることだと覚えておきましょう。

ライター:sima

https://tabi-biyori.jp/225から抜粋しました。

免責事項:この投稿のリソースはインターネットから収集されます。侵害が含まれる場合は、著作権者または元の作者に通知してください。直ちに処理されます。

前後の記事を読む

コメントを書く

全てのコメントは、掲載前にモデレートされます

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。